生き血

すっぽんってどれくらいの大きさ?

すっぽんの大きさは体長20~35センチ程度です。
ただ個体差があるので、図鑑によっては20センチ以下で記載しているような文献もあります。
反対に大きなスッポンとしては、35センチを超える個体もいたそうですから驚くべきですね。

ちなみに食用にされる個体は、おおむね20~30センチ程度のスッポンが利用されているようです。
乾燥して薬として用いられる個体はもう少し小さいものが利用されるかもしれませんね。
これはいうまでもなく。

大きければ大きいほど肉付きが良くなり。
同時にスッポン特有のゼラチン質も多くなるため美味しさがより増すからだといわれています。
ただし大きい方がおいしいからといって、大きければそれでいい、という訳でもないようです。

重さはおおむね、1.2キロ前後のスッポンが一番美味しいサイズとされています。
これは野菜などと同様に、それだけ身がしっかり締まったほうが美味しいということかもしれません。
何事にも適量、というものがあるんですね。
鼈を自分で調理して食べるのはなかなか難しいので、気軽に続けたいのならスッポンサプリがいいでしょう。

それを証明するのがすっぽんの養殖場でしょう。
こちらは栄養が豊富で貴重な鼈を量産できるだけでなく。
大きさも食べるサイズに調整し、上手く育てるようにしています。
サイズが合わない場合は医薬品等に利用されることになります。
栄養を凝縮してスッポンサプリメントで販売される場合もあるので、こちらもおすすめです。

このページの先頭へ