生き血

すっぽんの種類ってどれくらいあるのか

すっぽんは世界中に分布するカメの一種で、おおむねその種類は数十種類になります。
ちなみに日本で流通しているのは別名シナスッポン、キョクトウスッポンといわれるスッポンです。
このスッポンは日本や中国、台湾及び韓国近辺のみに生息し、栄養価が認められています。

もっとも、食用にされたり健康食等として食べられるのはほとんどが養殖ものとなっています。
世界のスッポンは日本のように滋養強壮剤として利用されるよりはむしろ、ペットや食用目的で捕獲されることが多いようです。
大きさもまちまちで、たとえば大きさが1メートルを超えるようなマルスッポンやタイコガシラスッポン。

肉食性が高いナイルスッポンやヒラタスッポンなどがいます。
ただし生物としてのスッポンとしては甲羅が柔らかい。
夜行性といった共通項はあります。

スッポンは飼育が比較的簡単で、また雑食性が高く、食糧確保も比較的簡易なことからこういった世界中のスッポンを飼育しているブリーダーも日本では割と見られます。
大きさも手ごろなスベスッポンなどは、日本でもその幼生が広く流通しているようです。
他ではクジャクスッポンなどはペットや食用としての乱獲が進んでいることから、ワシントン条約で保護されるべき対象のスッポンになっています。

↓鼈の高い栄養価で健康に

このページの先頭へ